トイレに流せるもの

トイレのつまりを考えると、人間の糞便以外にはトイレットペーパーを少量ずつ流すのが最も安心ですが、トイレに流せるとの表示のあるものは概ね流せると考えて大丈夫です。トイレに流せるかどうかは、製品ごとに「トイレに流せます」「トイレに流さないでください」とある表示が目安です。初めて使うときは必ず、トイレに流していいのか迷った時も表示を確認するようにします。表示にはトイレに流せますと書いてあっても、一度に大量に流すとつまりの原因になるので注意します

トイレトイレに流してもいいものは、トイレットペーパー便座除菌シートトイレの掃除用シートがまず挙げられます。便座除菌シートやトイレの掃除用シートは、使い方や流すときの注意点がパッケージに書かれていますのでよく見るようにします。大体は一枚ずつ流すように書かれていますし、それぐらいの量であれば詰まる心配はありません。生理用のパッドで、水に流せると表示のあるものがあります。こちらも流すことができます。

水に流せるタイプのペット用の糞尿用砂もあります。こちらにも流す量についてパッケージに書かれていますので、注意点を守って流します。このような砂は、万が一詰まった場合に大掛かりな工事が必要となります。心配であれば流さない方が無難です。

トイレのつまりについて

トイレのつまりは生活に著しい困難を生じます。また、万が一、汚物が逆流してくれば、トイレだけでなくトイレ以外の家の中も汚してしまうかもしれません。トイレをつまらせないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

ラバーカップトイレのつまりで最も重要なのは、トイレに流せるものしか流さないことです。現在のトイレは非常に優秀で、何を流しても強い水流で押し流すように見えますが、パイプの中や汚水槽の中まで同じとは限りません。また、マンションなどの集合住宅の場合、1戸でトイレがつまると、途中からパイプを共有している他の家に迷惑がかかります。

トイレの排水管の形状は、下水管の臭いを部屋に入れないために特殊な形状をしています。この形状がトイレをつまりやすくする原因でもありますが、それでもつまらないようにするために水量を多くしたり、水に溶けやすいトイレットペーパーを開発してつまらない工夫がされてきました。

よほどの大きなものを流さない限り、トイレが急にまったく流れなくなることはありません。トイレがつまる前には、便器内の水が普段より多かったり少なかったり、流れる際に水が便器をあふれそうになる、パイプや便器から異音がするなどの前兆症状が現れます。このような症状に気がついたら、早めに対処します。簡単なつまりであれば、お湯を流したり、パイプ掃除用の洗剤やラバーカップで対処できる場合もあります。

トイレに流しても良いものと流してはいけないもの、トイレのつまりの他の原因についても説明します。