その他原因

ポケットトイレがつまる原因は、トイレに流してはいけないものを流した場合だけではありません。トイレの節水のためにタンクにペットボトルなど入れている人がいますが、流すための水が少なすぎると、糞便やトイレットペーパーがしっかり流れず、パイプの途中で塊になってつまり始めます。大便の時に小の水量で流すのも同じです。便器から見えなくなったからといって、きれいに流れていったとは限りません。水量が適切な量になるように気をつけて、多少多いと感じるぐらいの水で都度しっかり流すとつまりません。

トイレに物を持ち込んで、知らない間にそれが便器に落ちていることがあります。造花などの飾り物や紙類、消臭剤の蓋です。気がつかないで流してしまうこともあれば、便器に落ちたのは気がついても、拾うのが嫌だったり、これぐらい大丈夫かと思ってつい流してしまって詰まったという場合です。気がついたら拾うようにするのはもちろんですが、うっかり物が落ちないように、トイレの中に余分な物を持ち込まないようにします

ズボンのポケットに入れていたハンカチポケットティッシュカード、身体につけいていたカイロが知らない間に落ちていることがあります。自分では気がつかないで流してしまうケースが多いです。ズボンのポケットには特に気をつけましょう。流す前に便器の中をよく見ることも大切です。

トイレに流せないもの

トイレつまりで最も多い原因が、トイレに流してはいけないものを流してしまったケースです。トイレのつまりは滅多に経験しない上に、最近のトイレは少ない水でもすっきりと流してしまうので、多少のことは大丈夫と思ってしまいがちです。いくら流れの良いトイレでも、流してはいけないものを流せばつまってしまいます

薄くて小さな生理用品は大丈夫と思いがちですが、絶対に流してはいけません。おむつや赤ちゃんのお尻拭きも注意します。お尻ふきは水に流して良いものもありますが、一度に大量に流すとつまりの原因になります。状況によってはたくさん使うこともあり、流すときは量に注意するか、燃えるゴミにした方が無難です。

便座の除菌シートお掃除シートも一枚ずつ注意して流します。水に溶ける素材でできていますが、塊になると溶けません。

トイレットペーパー爪楊枝のような小さいものも要注意です。パイプに引っかかると、引っかかった爪楊枝にトイレットペーパーなどが引っかかって大きな塊になります。ボールペンペンシルも同じです。お掃除で小さなブラシや使い古しの歯ブラシを使うこともありますが、万が一便器に落としてしまったら必ず拾います。

意外なのが、トイレットペーパーです。水に流すために作られている紙ですが、丸めたり多量だったりするとつまりの原因になります。たくさん使いがちな人は特に気をつけます。