その他原因

トイレがつまる原因は、トイレに流してはいけないものを流した場合だけではありません。トイレの節水のためにタンクにペットボトルなど入れている人がいますが、流すための水が少なすぎると、糞便やトイレットペーパーがしっかり流れず、パイプの途中で塊になってつまり始めます。大便の時に小の水量で流すのも同じです。便器から見えなくなったからといって、きれいに流れていったとは限りません。水量が適切な量になるように気をつけて、多少多いと感じるぐらいの水で都度しっかり流すとつまりません。

ポケットトイレに物を持ち込んで、知らない間にそれが便器に落ちていることがあります。造花などの飾り物や紙類、消臭剤の蓋です。気がつかないで流してしまうこともあれば、便器に落ちたのは気がついても、拾うのが嫌だったり、これぐらい大丈夫かと思ってつい流してしまって詰まったという場合です。気がついたら拾うようにするのはもちろんですが、うっかり物が落ちないように、トイレの中に余分な物を持ち込まないようにします。

ズボンのポケットに入れていたハンカチ、ポケットティッシュやカード、身体につけいていたカイロが知らない間に落ちていることがあります。自分では気がつかないで流してしまうケースが多いです。ズボンのポケットには特に気をつけましょう。流す前に便器の中をよく見ることも大切です。

トイレに流せないもの

トイレのつまりで最も多いのが、トイレに流してはいけないものを流してしまったケースです。トイレのつまりは滅多に経験しない上に、最近のトイレは少ない水でもすっきりと流してしまうので、多少のことは大丈夫と思ってしまいがちです。いくら流れの良いトイレでも、流してはいけないものを流せばつまってしまいます。

薄くて小さな生理用品は大丈夫と思いがちですが、絶対に流してはいけません。おむつや赤ちゃんのお尻拭きも注意します。お尻ふきは水に流して良いものもありますが、一度に大量に流すとつまりの原因になります。状況によってはたくさん使うこともあり、流すときは量に注意するか、燃えるゴミにした方が無難です。

便座の除菌シートやお掃除シートも一枚ずつ注意して流します。水に溶ける素材でできていますが、塊になると溶けません。

トイレットペーパー爪楊枝のような小さいものも要注意です。パイプに引っかかると、引っかかった爪楊枝にトイレットペーパーなどが引っかかって大きな塊になります。ボールペンやペンシルも同じです。お掃除で小さなブラシや使い古しの歯ブラシを使うこともありますが、万が一便器に落としてしまったら必ず拾います。

意外なのが、トイレットペーパーです。水に流すために作られている紙ですが、丸めたり多量だったりするとつまりの原因になります。たくさん使いがちな人は特に気をつけます。

トイレに流せるもの

トイレのつまりを考えると、人間の糞便以外にはトイレットペーパーを少量ずつ流すのが最も安心ですが、トイレに流せるとの表示のあるものは概ね流せると考えて大丈夫です。トイレに流せるかどうかは、製品ごとに「トイレに流せます」「トイレに流さないでください」とある表示が目安です。初めて使うときは必ず、トイレに流していいのか迷った時も表示を確認するようにします。表示にはトイレに流せますと書いてあっても、一度に大量に流すとつまりの原因になるので注意します。

トイレトイレに流してもいいものは、トイレットペーパー、便座除菌シート、トイレの掃除用シートがまず挙げられます。便座除菌シートやトイレの掃除用シートは、使い方や流すときの注意点がパッケージに書かれていますのでよく見るようにします。大体は一枚ずつ流すように書かれていますし、それぐらいの量であれば詰まる心配はありません。生理用のパッドで、水に流せると表示のあるものがあります。こちらも流すことができます。

水に流せるタイプのペット用の糞尿用砂もあります。こちらにも流す量についてパッケージに書かれていますので、注意点を守って流します。このような砂は、万が一詰まった場合に大掛かりな工事が必要となります。心配であれば流さない方が無難です。

トイレのつまりについて

トイレのつまりは生活に著しい困難を生じます。また、万が一、汚物が逆流してくれば、トイレだけでなくトイレ以外の家の中も汚してしまうかもしれません。トイレをつまらせないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

ラバーカップトイレのつまりで最も重要なのは、トイレに流せるものしか流さないことです。現在のトイレは非常に優秀で、何を流しても強い水流で押し流すように見えますが、パイプの中や汚水槽の中まで同じとは限りません。また、マンションなどの集合住宅の場合、1戸でトイレがつまると、途中からパイプを共有している他の家に迷惑がかかります。

トイレの排水管の形状は、下水管の臭いを部屋に入れないために特殊な形状をしています。この形状がトイレをつまりやすくする原因でもありますが、それでもつまらないようにするために水量を多くしたり、水に溶けやすいトイレットペーパーを開発してつまらない工夫がされてきました。

よほどの大きなものを流さない限り、トイレが急にまったく流れなくなることはありません。トイレがつまる前には、便器内の水が普段より多かったり少なかったり、流れる際に水が便器をあふれそうになる、パイプや便器から異音がするなどの前兆症状が現れます。このような症状に気がついたら、早めに対処します。簡単なつまりであれば、お湯を流したり、パイプ掃除用の洗剤やラバーカップで対処できる場合もあります。

トイレに流しても良いものと流してはいけないもの、トイレのつまりの他の原因についても説明します。